*

三度目の危機…

公開日: : 愛犬との暮らし

茶々も14歳と4カ月を迎えました。

IMG_3517

 

ところが、つい二週間ほど前から

衰えが目立つようになりました。

歩く際もぎこちなくのっそり歩き…
少し歩いては立ち止まり動かなくなり…
ついには腰砕けになり…
ペタリと座り込んでしまいます。

「どうして歩けないんだろう…」
と、戸惑った顔でじっと見つめてきます。

思えば茶々には三度の危機がありました。

一度目は7歳の頃…。

ある日突然ベッドや車に飛び乗れなくなり、
階段や段差を怖がるようになった時です。

この時はグルコサミンのサプリを飲ませる事で解決しました。
(サプリがたまたま茶々に合っていたようです。)

二度目は12歳の頃…。

この時は変形性股関節症が悪化し、
痛さで一晩中悲しい声を出して鳴き、
私たちも可哀想で泣いていました…。

そこで出会った心強いドクター達。
主治医である男山動物病院、
久御山町の獣医神経病センター、
茨木市の動物メディカルセンター、
素晴らしいドクター達。

復活した茶々は年齢以上に元気になりました。

そして三度目…。
人間の年齢だと100歳近い高齢。

今は「どうしてうまく動けないんだろう…」
といった葛藤があるのではないでしょうか。
自分の年齢と体力を受け止め、理解できるようになれば戸惑いも無くなると期待しています。

茶々…キミなら出来る!!!

私たち夫婦はじっと見守っていきます!

 

また、ソーシャルネットワークで知り合えたたくさんの友達からも嬉しい激励やメッセージをいただきました。

本当にありがとうございました。

 

お礼に若かりし茶々三連発をどうぞ〜。

IMG_3668

何かイタズラ考えてるな…。

IMG_3667

あぁ!やっちまったか…。

IMG_3669

反省は?…してないな!(笑)

 

茶々の事を書くと文章が…稚拙になるなぁ…。

親バカでどーもすみません(笑)

 

関連記事

imgres-1

介助犬(補助犬)の事を知って欲しい…。 介助犬(補助犬)は、体に障碍を持つ方の手助けを

記事を読む

IMG_3669

最終ステージに突入…

  いよいよ茶々との暮らしも最終ステージに入りました。  

記事を読む

IMG_0628

ワンコの年齢

  ワンコは人間に比べて、とっても早く成長します。 もちろん、大きさや犬種によ

記事を読む

IMG_0471

愛犬が7歳になったら…要注意!

ワンコは7歳からがターニングポイント??   我が家の愛犬、茶々(13歳の熟女

記事を読む

IMG_0628

犬と暮らそう

  犬と暮らすには相当な覚悟が必要です!!!   犬を飼いたい

記事を読む

images-2

老犬の「認知症」について

  ワンコは無償の愛と癒しをくれる宝物です。 ご存知の通り、我が家にも13歳の

記事を読む

IMG_3667

犬と暮らしたい…と考えている人に

犬と暮らしたい…   そう考えている方への提言です。 このうち一

記事を読む

IMG_3517

We love Chacha.

  茶々も14歳と3ヶ月となりました。 人間の歳に換算すると90歳以上…。

記事を読む

IMG_1740

犬と暮らす覚悟がありますか?

  ワンコと暮らすのには相当の覚悟がいります。 ペットショップで子犬は可愛い!

記事を読む

IMG_0471

老犬の認知症について

  ワンコは無償の愛と癒しをくれる宝物です。 我が家にも2000年生まれのラブ

記事を読む

IMG_5234
新しい家族が来ました。

  茶々が空に帰って約7カ月…。 我が家に新しい

imgres-1
うつ症状診断…気楽な人生を楽しもう

人は誰でも落ち込んだり絶望したりする事があります。 それらを「う

IMG_3667
犬と暮らしたい…と考えている人に

犬と暮らしたい…   そう考えている方へ

imgres-1

介助犬(補助犬)の事を知って欲しい…。 介助犬(補助犬)

IMG_4688
インターネットラジオに出演!

  人の夢を応援するインターネットラジオ局 「ゆ

→もっと見る

  • プロフィール

    長谷川 隆(HASEGAWA,Takashi)
    やさしい手京都南 管理者
    京都市伏見区で訪問介護事業所を経営
    介護福祉士
    認知症あんしんサポートリーダー
    京田辺市松井山手在住
    愛犬とテニスをこよなく愛するオヤジです。
    介護の事、愛犬の事、京都の事やソーシャルネットワークについて「はんなり」と情報発信していきたいと思っております。
    よろしくお願いします。

PAGE TOP ↑