*

老犬の「認知症」について

公開日: : 最終更新日:2016/02/08 愛犬との暮らし

 

ワンコは無償の愛と癒しをくれる宝物です。

ご存知の通り、我が家にも13歳のラブラドール・レトリーバーの茶々がおります。

 

昔に比べ、住環境や食事、医療も進化してワンコの寿命が延びてきています。

それと同時に、人間と同じよう認知症を煩う犬達が増えているのが現状です。

間の認知症と同じく、ワンコの認知症も発症のメカニズムはまだ解明されていません。

3歳以下で認知症になるケースはあまり無いそうです。

 

また、高齢になっても認知症になるとは限りません。これも人間と一緒ですね。

悲しい事ですが、人間の認知症と一緒で…

飼い主を忘れる、昼夜逆転、徘徊、狭いところに入って鳴き止まないなどの症状があります。

 

認知症になると…。

初期症状では、認知症になった犬は非常に穏和になり、その顔をみているだけでも飼い主は心が安まります。

しかし、症状が進めば異常な行動が見られるようになり、飼主の制止や願いは全く聞いてくれません。

そして考えられないほどの頑固者に変わります。

そしてこの異常な行動の多くは24時間不規則に起こるため、飼主や家族を苦しめる事になります。

 

犬の認知症スケール(13歳以上のワンコ)

夜中に意味もなく単調な声で鳴き出す、体を撫でたりしても鳴き止まない。

昼夜逆転になり、昼は眠りよるになれば徘徊するように歩く。

歩行は前進のみで、とぼとぼと歩き、ぐるぐると旋回運動をする。

狭い所に入りたがるが、後退する事ができないので鳴く。

飼主や自分の名前もわからなくなる、無反応になる。

よく寝て、良く食べ、下痢もしないのに、だんだん痩せてくる。

上記の5項目中、2項目以上にあてはまれば「認知症」を疑ってみないといけません。

 

 

もし、認知症の症状が出現したら…。

飼育環境を工夫する。

例えば、お風呂用マット三枚を丸くつないだ自作のケージ「エンドレスケージ」のような物を作ってみる。

認知症になった犬はこの丸いエンドレスケージの内にいれば、前に進み続けて、やがては疲れて眠りにつきます。

ケージの床にはトイレ用シーツや洗えるマットなどを敷いて下さい。

認知症犬は尿や便で体が汚れますと気持ち悪がって鳴き叫びます。

 

獣医師に相談してください

近年は犬の認知症の治療も進み、適切な治療で認知の症状、とくに夜中の鳴き声や徘徊が改善されるケースもあります。

もし認知症の疑いがあれば早めに動物病院で獣医師と相談してください。

愛犬は家族です。治療も介護も負担になりますが、愛する犬達の最後を看取ってあげる事が飼い主の役目ではないでしょうか。

そして、人間の介護と同じく頑張りすぎると共倒れになってしまいます。

いまは愛犬用のショートステイや老犬ホームもある時代です。また、そのような施設も今後増えてくるでしょう。

 

愛犬との生活は短いですが…最後まで家族の一員として愛していきたいですね。

 

 

関連記事

IMG_3667

犬と暮らしたい…と考えている人に

犬と暮らしたい…   そう考えている方への提言です。 このうち一

記事を読む

IMG_3669

最終ステージに突入…

  いよいよ茶々との暮らしも最終ステージに入りました。  

記事を読む

IMG_0471

愛犬が7歳になったら…要注意!

ワンコは7歳からがターニングポイント??   我が家の愛犬、茶々(13歳の熟女

記事を読む

IMG_0628

ワンコの年齢

  ワンコは人間に比べて、とっても早く成長します。 もちろん、大きさや犬種によ

記事を読む

IMG_3640

三度目の危機…

茶々も14歳と4カ月を迎えました。   ところが、つい二週間ほど前から

記事を読む

IMG_0471

シニア犬とのベターライフ

人もわんこもミドルエイジがシブい(笑) 日本は世界でもトップクラスの高齢社会です!

記事を読む

IMG_5234

新しい家族が来ました。

  茶々が空に帰って約7カ月…。 我が家に新しい家族がやって来ました。

記事を読む

IMG_3517

We love Chacha.

  茶々も14歳と3ヶ月となりました。 人間の歳に換算すると90歳以上…。

記事を読む

IMG_0471

老犬の認知症について

  ワンコは無償の愛と癒しをくれる宝物です。 我が家にも2000年生まれのラブ

記事を読む

IMG_0628

犬と暮らそう

  犬と暮らすには相当な覚悟が必要です!!!   犬を飼いたい

記事を読む

IMG_5234
新しい家族が来ました。

  茶々が空に帰って約7カ月…。 我が家に新しい

imgres-1
うつ症状診断…気楽な人生を楽しもう

人は誰でも落ち込んだり絶望したりする事があります。 それらを「う

IMG_3667
犬と暮らしたい…と考えている人に

犬と暮らしたい…   そう考えている方へ

imgres-1

介助犬(補助犬)の事を知って欲しい…。 介助犬(補助犬)

IMG_4688
インターネットラジオに出演!

  人の夢を応援するインターネットラジオ局 「ゆ

→もっと見る

  • プロフィール

    長谷川 隆(HASEGAWA,Takashi)
    やさしい手京都南 管理者
    京都市伏見区で訪問介護事業所を経営
    介護福祉士
    認知症あんしんサポートリーダー
    京田辺市松井山手在住
    愛犬とテニスをこよなく愛するオヤジです。
    介護の事、愛犬の事、京都の事やソーシャルネットワークについて「はんなり」と情報発信していきたいと思っております。
    よろしくお願いします。

PAGE TOP ↑