*

愛犬が7歳になったら…要注意!

公開日: : 愛犬との暮らし

ワンコは7歳からがターニングポイント??

 

我が家の愛犬、茶々(13歳の熟女)の異変に気付いたのは7歳の頃です。

大好きな散歩の際に足をかばうような仕草を見せたることが始まりでした。

やがて、ベッドやソファに飛び乗るのを躊躇うようになりました。

 

これにはラブラドール・レトリーバをはじめ、日本に暮らすレトリーバ種の多くが遺伝的に「股関節形成不全」を発症しやすいという事実があるんです。

その時、たまたま人間用の「グルコサミン」のサプリメントをあげてみたところ…

びっくり!以前と同じように元気で飛び跳ねるようになりました。
もちろん、これはごくまれな一例かもしれませんが、一つの方法としてアリだと思います。

 

そして、12歳の時。悲しい声を出して痛みを訴えるようになりました。

股関節の形成不全が強くなって歩くのも不自由になりました。このときは我々もすごく辛かった時期です。

主治医の獣医さんや、検査施設、整形の専門医さんの助けもあり、今は昔ほどではありませんが何とか元気になってくれました。

 

そして今は、シニア犬に必要な食事・運動・オヤツ・そして今後の介護の事など…いろいろ考えています。

犬と幸せに暮らすには、様子をしっかり観察し、主治医と相談しながらじっくりと付き合う必要がありますね。

 

関連記事

IMG_0471

シニア犬とのベターライフ

人もわんこもミドルエイジがシブい(笑) 日本は世界でもトップクラスの高齢社会です!

記事を読む

IMG_3669

最終ステージに突入…

  いよいよ茶々との暮らしも最終ステージに入りました。  

記事を読む

IMG_3517

We love Chacha.

  茶々も14歳と3ヶ月となりました。 人間の歳に換算すると90歳以上…。

記事を読む

images-2

老犬の「認知症」について

  ワンコは無償の愛と癒しをくれる宝物です。 ご存知の通り、我が家にも13歳の

記事を読む

imgres-1

介助犬(補助犬)の事を知って欲しい…。 介助犬(補助犬)は、体に障碍を持つ方の手助けを

記事を読む

IMG_3667

犬と暮らしたい…と考えている人に

犬と暮らしたい…   そう考えている方への提言です。 このうち一

記事を読む

IMG_1740

犬と暮らす覚悟がありますか?

  ワンコと暮らすのには相当の覚悟がいります。 ペットショップで子犬は可愛い!

記事を読む

IMG_5234

新しい家族が来ました。

  茶々が空に帰って約7カ月…。 我が家に新しい家族がやって来ました。

記事を読む

IMG_0628

犬と暮らそう

  犬と暮らすには相当な覚悟が必要です!!!   犬を飼いたい

記事を読む

IMG_3640

三度目の危機…

茶々も14歳と4カ月を迎えました。   ところが、つい二週間ほど前から

記事を読む

IMG_5234
新しい家族が来ました。

  茶々が空に帰って約7カ月…。 我が家に新しい

imgres-1
うつ症状診断…気楽な人生を楽しもう

人は誰でも落ち込んだり絶望したりする事があります。 それらを「う

IMG_3667
犬と暮らしたい…と考えている人に

犬と暮らしたい…   そう考えている方へ

imgres-1

介助犬(補助犬)の事を知って欲しい…。 介助犬(補助犬)

IMG_4688
インターネットラジオに出演!

  人の夢を応援するインターネットラジオ局 「ゆ

→もっと見る

  • プロフィール

    長谷川 隆(HASEGAWA,Takashi)
    やさしい手京都南 管理者
    京都市伏見区で訪問介護事業所を経営
    介護福祉士
    認知症あんしんサポートリーダー
    京田辺市松井山手在住
    愛犬とテニスをこよなく愛するオヤジです。
    介護の事、愛犬の事、京都の事やソーシャルネットワークについて「はんなり」と情報発信していきたいと思っております。
    よろしくお願いします。

PAGE TOP ↑